So-net無料ブログ作成
検索選択

今週の稽古 [武道:千葉市武道館]

稽古に向かう運転中、石川館長が交通事故にあわれました。
雨のためゆっくり走っていたところ、横から突っ込まれてしまったそうです

さいわい、お怪我はなく元気に指導していただきました。

剣術
最近、「基本の三本」以外に剣術本来の型もやるようになってきてます。

館長曰く
「基本の三本もまだまだだけど
まあ、ぼちぼちは型もやれるレベルにはなってきてるからね」とのこと

向上が認められ、型の稽古が許されたのはありがたいのですが、コレが恐ぇーのなんの!!

今までやってた基本の三本は、相手の剣をしっかり受け止めてからやる技だから、あまり恐くはなかったけど
剣術の型は相手が切りかかって来るのにあわせて、こっちも切りかかるのとか
頭をガラ空きにして構えて、その頭目掛けて切りかかってきた剣を払う技とか

手加減して打ってくる木刀であそこまで恐いのに
真剣で切りかかられた時にあんな事しようとするなんて、昔のお侍さんは何を考えてたんだろ、正気の沙汰とは思えない

って思ってたら、館長に心を見透かされたように言われました

「怖いかい?最初は誰でも恐いよ。
ボクも最初は怖かったしね
でも、この鍛錬を日々続ける事によって心を鍛えるんだよ。心技体で言うところの心の稽古だね」

武道の稽古は、生き死にに関わる稽古だから、稽古で死の恐怖に少しづつ強くなり
いつか、一生に一度あるかないかの命のやりとりの場面に備えてゆきたいです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。