So-net無料ブログ作成
検索選択

護身術の実践「受け流し」

多分小学生ではあまり見かけないと思うんですが
中・高生あたりになると、友だちをイジることで場を盛り上げる事が増えてくる気がします

学校みたいな、狭い世界の中に押し込められると、なんか陰鬱な気分になって
それをイジリで打破しようとしだすんじゃないかなと、解釈してます。

大人の世界でも、イジったりイジられたりとかは、コミュニケーションとして、ないわけでもないです


日ごろ、ハゲを持ちネタにしてる人が

「悩むわ~♪
ねえ、どっちのシャンプーが毛先のキューティクルにいいと思う!?」

と、ふってきた時
真剣に、自分のオススメのシャンプーを勧める人は
「シャレの通じない人」と思われますよね?


ただ
イジられキャラの人を、集中してしつこくイジる事によって、だんだんエスカレートしてしまうこと

また、イジられキャラの人も、空気が悪くなるのを恐れて、嫌と言えず、溜め込んでしまう、とかになると悪循環になってしまいます。

で、ちょっとしたイジメみたいな空気になって
イジられキャラの人が、いつしか我慢の限界が来て

「いい加減にしろ!!」
とキレて怒鳴ってしまった場合
「急にキレた、ノリが悪い」
とか、言われるでしょうし

親や先生に相談しても
「チクった」
と言われ、仲間外れにされるのが怖いですよね。


では、護身術の観点から見ると、どのようにすれば良いのでしょうか?


「受け流し」と言う技があります。
相手が斬りかかってきたのを、受け流し、切り返す技ですが

この技のポイント
「接点を崩さない」ことと「中心をとられない(あけない)」ことです。


イジられる時
「盛り上がるし自分も楽しい時」と「今それはちょっと・・・」という時があります

「今それは・・・」と感じた時、周りに振り回されガマンして笑ってしまうのは
「中心をとられた」状態です
自分の軸、中心は崩してはなりません。

さりとて、そこでキレるのは「接点を崩した」状態です。
強引に腕ヂカラで技を掛けるのに似ています。

この場合、接点を崩さないやり方として

たとえば
「ゴメン、今それはちょっと・・・」
と、苦笑いぎみに伝えるというのがあります

「ゴメン、ちょっとしつこいかな・・・」
とかでも良いですが、大事な点は

「それはちょっとイジられてあげられない、ゴメンね」
ということを謝りながら、やんわりと伝える事です


中には、それでも執拗にイジろうとしてくる人もいるでしょう
そうなったら、強めに拒絶を伝えてるべきですし
キレてもいい場面だと思います

相手がこちらの空気読めてないのが問題なので、空気が悪くなってもそれは相手のせいです。


それだけ明確に
「嫌です」と意思を伝えても、それでもイジろうとする人もいるでしょう

しかし、それはもうイジメです
親や他の友だち、先生に相談しても
もう「チクった」とはなりません

大問題にするべきです。


やり方は、人それぞれでしょうけど
このように、接点を崩さず、中心をあけないで、場合によっては切り返す(斬り込む)事を意識していれば、良いんじゃないかな、って思います。


イジったり、イジられたりは
それが仕事の、プロの芸人さんでも失敗してイジメみたいな空気になる事が日常的によくあり、そこら辺は編集で誤魔化してるだけらしいです。

それが、未熟で不慣れな我々であれば
うまくいかないことが多くて当たり前ですよね

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。