So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年秋季審査会 [武道:千葉市武道館]

もう、明日に迫ってしまいましたが
秋季審査会が行われます

前回、合格した生徒、残念ながら不合格になってしまった生徒
大勢が見守る緊張の中、それぞれの修練の成果を発揮して、できる限りの演武を披露してほしいです。

まあ、緊張するのは生徒だけではなくて
審査するこっちも当日の朝は緊張で、いっぱいいっぱいだったりもするのです。

年若い生徒さんたちに、合否を決めるのはなかなかプレッシャーのかかることで
そのジャッジによって、その生徒が、次に進むか、もう半年同じ技を練り直すか決まってしまいます。

我々、おじさんたちにくらべ
生徒たちは人生を3分の1から4分の1位しか生きてないです。

だから、生徒たちの半年ってボクたちの2年分くらいに感じられると思うのです

だから、当日の朝は
「帰りたいし、緊張でお腹が痛い。何故こんなことになってしまったのだろう・・・
もう少し、準備期間があれば・・・」
と、泣き言しか出てきません。

しかし、指導員達が集まってきて
中野武道場の畳を敷きおわる頃には、体もあったまってきて
「頑張るぞ!」という、ポジティブな心構えが出来てきます

だいたいそのくらいで、早い生徒たちが道場に現れるので、そのまま審査会への流れになって
後は大忙しの中、審査会は終わってゆきます。

終わったら終わったで、帰りの電車の中で合否のラインギリギリの生徒さんのジャッジについて、反省します

「あの子は、落とすべきだったのではないか、もうちょっと土台をしっかりさせてから次に進むべきだったのではないか
これからの半年、新しい技を習うことでかえって混乱してしまわないか?」

「良かれと思って落としたが、少し厳しすぎたのではないか?
帯の色が変わらなかったことで、教室内での孤立感を感じないだろうか?
また、それが原因で合気道をやめてしまいはしないだろうか?」

まだまだ未熟な中、ベストを尽くしているつもりですが、考えさせられること、反省点は多いです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。