So-net無料ブログ作成
検索選択

楽心館は、時代の20年先を行ってる話。

最近、生まれたお子様に「楽心」とつけるのが流行ってきているらしいことを、日本経済新聞のコラムで読みました。

http://www.nikkei.com/life/column/article/g=96958A90889DE1EAE2E5E5E7E2E2E3E5E2E3E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;dg=1;p=9694E0E5E2EBE0E2E3E3E6E1E4EB

読みは「らう」なのだそうですが、とてもステキな名前だと思います。

楽心館ができて20年以上たって、親御さんが「楽心」という言葉を子供につける国に、日本がなってきたということは、素晴らしい事だと思います。

石川館長のネーミングセンスが時代の先をいっている証拠はもう一つあって
長男の名前である「石川蓮太郎」さんですが、ここ数年の子供につける人気な字として「蓮」という字は常にトップにあげられていることからもうかがわれます。

武道のセンスが良い人というものは、多方面でもセンスを発揮するものなのでしょうか


余談ですが、私の長男の「二宮誠」も石川館長に相談に乗ってもらってつけた名前です。
当時の、サラリーマンで楽心館の活動は休会中であったにもかかわらず
私の図々しい相談にも、石川館長はお忙しい中丁寧に乗ってくださってつけました。

ちょうど今、学校の宿題で
「産まれたとき、親はどうやって名前を決めてくれたのか」
というのをやっているので、蛇足ながら付け加えさせていただきました。

技の表現 [武道:千葉市武道館]

技の稽古をする時に、かかり方を確認するためにも、高段者の技を全力で止める稽古をする時があります

高段者の方々でも、難しい技になるとボクでも止められる時があります。
そういう時は、石川館長がまずボクに技をかけて下さり「違いを言ってあげて」と、言われます

わからないながらも、違いがわかる時にはそのように伝えて
その意見を参考に高段者の方々も技を試行錯誤してゆかれるのですが

「え~と、石川館長のはもっと『ヒュッ』って感じなんです」って言っていたら

石川館長から
「さすがに『ヒュッ』じゃわからないよ、もっと他の表現ないの?」と、ダメ出しされました。


他の表現方法・・・

「春の高原を駆け抜ける、そよ風のような感じです」

とか、ソムリエ風に言ったら、まず間違いなくふざけてると思われるし・・・どうしよう。

頭が真っ白になりながら一生懸命考えていたら、古川先生が助け舟をくださって

「石川館長のは、濁りがない感じなんですよね。透明な感じの力、というか」


そうそう、まさにそれ!!

その表現ができなくて「ひゅっ」とか「春のそよ風」とかになってたんです。

それからは「ああ、透明です」「ちょっとここら辺から、濁ってきます」とか言って、表現しやすかったです。

表現力も、大事ですよね。






合気道をやって、お金を貯めよう

今回の話は
「金は天下のまわりもの、宵越しの金は持たねー」と、考える方や
「経済のためにも、ドンドンお金は使ってまわすべき」と、考える方は読まないほうがいいかもしれない、合気道貯金の話。

以前、石川館長が
「多くの人は、何かあると『のむ・うつ・かう』といった『うさ晴らし』をするけど
『うさ』は晴らせば晴らすほど溜まっていってしまうものです・・・それで不幸になってしまう
そうではなく、ちゃんとした『気晴らし』を持つことにより、心は晴れてゆきます。
みなさん一人一人にとって、当会で合気道を学ぶことが良い気晴らしになるなら、うれしいです」
と、言っておられ
正直その時は、言ってる意味がわからなかったです。

そして時はすぎ、就職して楽心館を休会する時期があったのだけれど、その時は散財がヒドかったです。
当時のモットーは「大統領のように働き、王様のように遊ぶ」で、あったのですが
休みの日は、親の仇の様に「あれ買って、これ買って」と、散財してました。
給料を全部使ってしまうから、臨時の出費の時には貯金をつかわねばならず、みるみるうちに貯金がなくなっていきました。

それから、サラリーマンを辞め、今のたこ焼き屋さんになって
時間に余裕もでき、楽心館に再び通わせていただくようになり、気がつけば貯金がたまるようになってきました。

収入的にはサラリーマン時代の半分くらいなのに、です。

今日、石川館長にそのことを話したところ
石川館長も昔からムダづかいはしてこられていなかったそうです


全ての人が同じとは申しませんが
どうやら合気道は良い気晴らしになり、そのためにムダづかいがなくなり、最終的に貯金がたまってゆくようです。

余談になりますが
婚活女子の方々は、年収を気にされる方も多いと聞きますが
どちらかというと「貯金ができているかどうか」を気にしたほうがいいのではないかな、って思います

「年収1000万だけれど、年1100万出費がある男性」と「年収300万だけれど、年200万しか出費がない男性」だと、後者の方が生活安定しそうじゃありません?

まあ「年収1000万で、年200万しか出費がない男性」が一番なんですけどね♪







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。