So-net無料ブログ作成

今週の稽古

千葉道場での稽古。

自身の捻じりグセを指摘される。
まっすぐ入っていかなくてはならないところで、妙な捻じり方をしてしまう。

剣術で、打ち方の指導を石川館長にしていただく。
刀って、もっと剣先できるものだと思い込んでいたのでビックリした。道理で「遠い!届いてない!!」って怒られるわけだ・・・


茨城道場での話
新しく入ってきた子たちも、大分慣れて来てくれたみたい。
今日は妹さんも最後までやり抜いてくれました。

今まで緊張が続かず、途中でオネムになってしまっていたんだけど、慣れて来てくれたのかな。

みんな審査会を目標に、頑張っているカンジです。

審査会 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

今週、千葉道場にいった時、石川館長から
「新しく入ってくれた子供たちは、楽しんで稽古してくれてる?」
「新しく入ってくれた子供たちは、欠かさず来てくれてる?」
「9月17日の審査には来られる?」

と、色々と気にしていただきました。

お姉ちゃんは、だいぶ稽古に慣れて来てくれて
何度か「家で練習してるの!?」って聞いてしまうぐらい、よく覚えてくれてます。
力の抜き方が上手で、ボク自身学ぶ所が多いです。
妹さんは、まだ稽古の空気に怯えてるのか、まだ小さい事もあり参加出来ない時はあるものの、休憩時間はみんなに混じって遊んでます。

・・・いや、休憩時間は、本来水分補給やトイレに行く時間なんですが
元気ありますよね

って、話をしました。

審査会が、もう近づいてきてて
今月からは審査会を励みにみんなでがんばって行けるとステキなことですね。

本来、稽古の評価は
「まわりの人はこの位できてるから」みたいな相対評価でしてはいけないもので
「昨日のキミより、伸びたね」という絶対評価でなくてはならないものです。

他人と比較してはならない、比べていいのは昨日の自分だけ

昨日の自分に半歩でも、ハナの差でも良いから勝ち
そんな毎日を一年後振り返ったら、大きく成長してる自分がいるわけで
審査会はとても大きなイベントで、とても楽しみだけれど、それのためだけに稽古してるわけではない事を伝え、審査会を見据えた稽古に入りました。


出来ればみんな、昇級させてあげたいけどね。