So-net無料ブログ作成

新しいお友達 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

このたび、新しいお友達が入会してくれました。

誠くんと同じクラスの子です。
先週見学に来てくれて、見学には親御さんだけではなく、お爺ちゃんお婆ちゃんも来てくれていたので、見学してる人のほうが多かったんだけど、みんな熱心に見学してくれて
そんで入会してくれたんです。

思えば、最初は誠くんと渉くんだけの茨城道場でしたが、賑やかになりました。
当然その分責任も増すわけで、護身術であり、護心術であり、護神術である楽心館の合気道をしっかりとみんなに伝えてゆきたいです。


修正中

千葉武道場での稽古
今日は館長と2人っきりたったので、館長を独り占めしてしまいました。

剣術で、剣先から入れる感覚が弱いのを指摘していただき、そこを注意する

10回に1回は「イイね」と言っていただける状態になりました。

あとは頭が動くクセをなおすように指導を受ける
手加減していただいてるのは分かるのに、それでも怖い館長の剣。自然と身体が逃げ気味になってしまいます

少しづつ、修正して行きたいです


今週の稽古 [武道:千葉市武道館]

千葉道場で

剣術
剣の持ち方をs山先生に教わる。
この持ち方だと、手首が安定してやりやすい。意識してなおしてゆこう。

体術
石川館長に「手ほどき」の両手持ちと片手交差捕りのを指導していただく。
頭と腰を動かさないで指先から解くように指導を受ける。


今日も体術で他の先生方と組んでいる時に「小手の合気ばかりやらないように」と、お叱りを受ける

たしかに気がつくと、小手の合気の練習ばかりになりがちで
おそらくは無意識的に「せっかくスゴイ人と組めるのだから、小手の合気を学びたい」と思ってしまっているからなのだろう。

だが、よく考えてみると「なぜ小手の合気ばかりやらないように、と言われるのか」が、理解できていない。
冬場に言われている時は「寒いから体動かす技もやらないと、バランス悪いんだろう」くらいに思っていたのだが、この時期にも言われるという事はそればかりでもないらしい。

石川館長の言葉の意味を、しばらく考えてみよう