So-net無料ブログ作成
検索選択
武道:牛久・つくば市合気道道場 ブログトップ
前の10件 | -

2016年秋季審査会 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

明日が秋季審査会。
編集も遅れてしまったけど、出場する生徒たちのYouTubeを掲載します。
季節の変わり目で、体調を崩しやすいけど、みんな、なるべくベストな体調で参加してほしいです。
いつまでも夏気分で、パンツ一丁で板の間で寝てると、ボクの様に風邪をひきます。
このシーズンから、敷布団無いと朝方寒くてビックリする時期ですね。
あと、台風が来なくて、本当に良かった。

紫帯に挑戦するのは、以下の3名。

紫帯
・この級で学ぶこと・・・人を導く

これまでやってきた子供クラスの稽古の、総仕上げの級です。
「やって見せて 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かぬ」

小松嵜央祐くん
この夏から、上級者クラスに移った央祐くん。
なんか、水色帯になってから急に上手くなった気がします。
もともと思考が柔軟で、相手に応じてやりくりするのが上手い子なので、この級位の技は性に合うのかもしれません。
技の物覚えが良いので、この調子でやっていくと良いと思います。
ただ、今まで一気に昇級してきたので、まだまだ基礎力が足りてないです。小さいクセは、今回頑張ってとてもなおしてきてはいるのですが、それを日々の稽古の反復で体に染み込ませていってくれればいいな、と思います。

狩野瑛理香さん
幼児クラスからやっている瑛理香さんは、小学生になってから体格がしっかりしてきて、力がついてきたのはいいことなんだけど
だいぶ力任せになっちゃったり、そのため型が崩れるようになってきてしまって、もちろんそれでも今までの積み重ねがあるから、十分な実力は発揮してるんだけど、少しづつ正確な型をマスターして行けるといいな、って思います。
あと、小手返しの決めの時につま先は立てる習慣つけないと、このレベルだと厳しい。
そこら辺は、本人が直そうとしないとなかなか直らない問題なので、悩ましい所です。

木村公希くん
「正しさ」にこだわりのある公希くん
それゆえに今までは、正確な型を体現できていたけど、今回の級位は「人を導く」
「ボクが正しいんだから、キミも正しくやってくれ!」って気持ちもわからるけど、相手側にも相手側の正しさがあって
相手側のクセを見極めた上で導く必要があり、イレギュラーな対応も大事になってくるため、この級位はしばらくやることになったけど、その分思考を柔らかく、どんな相手にも動じずにやっていける様になったと思います。

YouTubeで合気道 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

・緑帯審査技

小松嵜央祐くん

・この級で学ぶこと・・・けじめ、きりかえ

困難なことを一つ一つ成し遂げていくことに、真の楽しさがあります。それを体験する場が稽古です。


・技

呼吸法(呼吸力の養成法)
肩取り一教 転換
正面打ち一教 転換
片手取り 転換 呼吸投げ
胸突き 小手返し

・青帯審査技
狩野瑛理香ちゃん

二宮誠くん

・この級で学ぶこと・・・持続力

この級では、相手が打ったり、突いてくる技の稽古です、集中力を途切ることなく、前へ出る積極果敢な心と身体を養います。

みなさんが自分を高めよう、何か大きな働きをしたいと思ったら、
1、決断力(けつだんりょく  やればできるという強い想い)
2、集中力(しゅうちゅうりょく  たとえ小さな水の雫のような力でも、正確に同じ場所に集める力)
3、持続力(じぞくりょく  あきらめずに続ける根気よさ)

この三つの心を養いましょう。


・技

呼吸法(呼吸力の養成法)
正面打ち 呼吸投げ
正面打ち 小手返し
横面打ち 入り身転化 呼吸投げ
胸突き 入り身 呼吸投げ


・紫帯審査技
木村公希くん

・この級で学ぶこと・・・人を導く

これまでやってきた子供クラスの稽古の、総仕上げの級です。
「やって見せて 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かぬ」


・技

護身術 片手取り 抜き取り 上
護身術 片手取り 抜き取り 外
護身術 片手取り 抜き取り 内
横面打ち 入り身 呼吸投げ
片手取り 体の変更 入り身転化呼吸投げ
片手取り 体の変更 転換 呼吸投げ 前方投げ
後ろ両手取り 一教
後ろ両手取り 小手返し

・茶帯審査技
狩野世里香ちゃん

・この級で学ぶこと・・・道を求める

私たちは武道を学ばせていただいています。何のためでしょう。
いや武道に限らず、人生の目的とは何でしょう。

「自分を高めたい」という、向上心が大切です。

最後に、今、私が与えられるヒントをお伝えします。それは愛と誠です。
道があるとすれば、こうしたことの先にあるのかもしれません。

両手取り 二教
正面打ち 二教
片手交差取り 二教
片手取り 転換 二教
護身術 両手取り 抜き取り
護身術 両手取り 柏手(かしわで) 抜き取り
両手取り 柏手 呼吸投げ 前方投げ


2015年春季審査会 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

今日は審査会。

「審査会って、ただのテストではないです」という話は前回書きましたね?

いつも配られる「審査会のお知らせ」の「審査会注意点」の二番目に石川館長からのメッセージが書かれています


「審査会では評価表に『合格』・『不合格』の表示をします。
経験に相応しい成果を形にして表現することが大切ですが、『合格』ということには表面的意味しかありません。
生活面で心が強くなった、姿勢が良くなった、挨拶ができるようになった、玄関の靴が揃えられるようになった。そうした実践がみられた時に、進級してください。

進級は一年で一つ進むくらいで良いと思います」


合格だけを考えた場合、「年に二回ある審査会」で「年に一つ進むくらいの進級」であるなら
片方はムダな審査会になってしまいます。

「経験に相応しい成果を形にして表現すること」
つまり演武会、発表会としての目線を持つことも大切だと思います。


審査会を進級テストと見るならば、生徒はただの受験生、テストする先生がいて、保護者の方々はただの付き添いにすぎなくなってしまいます。

「演武会」「発表会」と見るならば
生徒はまさに演武の主役であり、我々指導者は脇役。保護者の方々はそれを見守る観客になります。

せっかく石川館長が、みんなのために大舞台を用意してくれるのだから
生徒が主役の演武を、後ろで見てくれてる観客に見せつけてくれたらいいな、って思います。

橙帯技(幼児クラス)
小松嵜央祐くん
http://youtu.be/P0GZm8ilPdE


・この級で学ぶこと・・・仲良く

難しいことは「私がやります」と、自分から先に行います
安全なこと、楽しいことは「お先にどうぞ」と、自分が後に行います
悪いこと、危険なことは「みんな!やめましょう!」と、みんなを止めます

呼吸法(呼吸力の養成法)

片手交差取り 入り身呼吸投げ

肩取り一教 入り身

この春から小学生になる央祐くん
「人の話を聞く、自分の話す順番まで待つ。」
そんな、橙帯に相応しい実践を小学生のお兄さんになった時に行えると嬉しいです。

青帯技
狩野瑛理香ちゃん
http://youtu.be/1Y6DANEoxXk

二宮誠くん
http://youtu.be/cauo6hESQZ8

・この級で学ぶこと・・・持続力

この級では、相手が打ったり、突いてくる技の稽古です、集中力を途切ることなく、前へ出る積極果敢な心と身体を養います。

みなさんが自分を高めよう、何か大きな働きをしたいと思ったら、
1、決断力(けつだんりょく やればできるという強い想い)
2、集中力(しゅうちゅうりょく たとえ小さな水の雫のような力でも、正確に同じ場所に集める力)
3、持続力(じぞくりょく あきらめずに続ける根気よさ)

この三つの心を養いましょう。


・技

呼吸法(呼吸力の養成法)

正面打ち 呼吸投げ

正面打ち 小手返し

横面打ち 入り身転化 呼吸投げ

胸突き 入り身 呼吸投げ

この春から小学生のお姉さんになる瑛理香ちゃん
幼児クラスとか関係無く、小学生と同じ技を行います。
集中力・持続力を持ち学業に励まれるといいな、って思います。

また、誠くんは
ハンデキャップを乗り越えて、頑張っているのは素晴らしい事だと思います
しかし、どうしても一つ一つの動きが雑になりがちです
一つ一つの動きを、ゆっくりでいいので丁寧に身につけて行けば、より良い結果を出せると信じてます。
短期は損気、です


紫帯技
木村公希くん
http://youtu.be/oyRcCNLBRMA

狩野世里香ちゃん
http://youtu.be/x-bUylSvhDw


・この級で学ぶこと・・・人を導く

これまでやってきた子供クラスの稽古の、総仕上げの級です。
「やって見せて 言って聞かせて させてみせ ほめてやらねば 人は動かぬ」


・技

護身術 片手取り 抜き取り 上

護身術 片手取り 抜き取り 外

護身術 片手取り 抜き取り 内

横面打ち 入り身 呼吸投げ

片手取り 体の変更 入り身転化呼吸投げ

片手取り 体の変更 転換 呼吸投げ 前方投げ

後ろ両手取り 一教

後ろ両手取り 小手返し

「人を導く」ことは人生において、必ず必要になること。
人が人と関わりを持つ際に、意識無意識関わらず使うことになります。

まあ、引きこもって誰とも交流しなかったら、必要ない話ですけどね。

公希くんは
姿勢が良く、だいぶ肩の力が抜けて来た
相手をよく見て、導いてあげると、もっと良くなると思う。
あと、肩の力が抜けているのは良いのだけれど、他のところがダランとしない事を気をつけたら良いのに。

世里香ちゃんは
もともと妹の面倒をよく見る子だったから、導くことはよくできてたのだと思う
「背すじをのばして、半身をしっかりきる」と言った基礎力を養ったらもっと良くなると思います。

YouTubeで合気道(特別編) [武道:牛久・つくば市合気道道場]

動画編集ソフトを買ったので、昔の動画を編集してみました。

まだまだへたっぴだけど、頑張って作ったので良かったら見てみてね

その一
投げは 狩野世里香ちゃん
受けは 二宮渉くん

題名間違えちゃって「マイプロジェクト」になってます(^_^;)
http://youtu.be/Yn4rWAq3Fj8

その二

投げは 狩野瑛理香ちゃん
受けは 狩野世里香ちゃん

http://youtu.be/hB-VRr7t8SY

その三

投げは 木村公希くん
受けは 二宮渉くん


http://youtu.be/06ZVoVGA-Dc


その四
投げは 二宮渉くん
受けは ボク、メガネ先生
http://youtu.be/Q1TERDbXjB8

その五
投げは二宮誠くん
受けは二宮渉くん

http://www.youtube.com/watch?v=XWs0zqaCv3Y

今回は「iMovie」で作ってみました。
いつかはパソコンの「ムービーメーカー」とか使いこなしてみたい。

怒り [武道:牛久・つくば市合気道道場]

「怒った時は、口を開いて目を閉じる」

牛久の道場で稽古してた時に、カレンダーに書いてあって
やって見たら、たしかに怒りづらい

それ以降、怒りに流されそうな子どもに、それとなく言ってます

怒りは、とても大きなエネルギーです
正しく使えば「あの時の怒り、悔しさをバネに頑張ったから、今の自分がいる」となったりもするけれども

怒りに流されて、自分らしくない人生を送る人も多いと思います
「あいつがこんな事やってきたから、仕方なかったんだよ!」とかいう人、たまに見かけるけど

相手がムカつく行動とってきた事と、ムカついた相手に何かするのは分けて考えるべきです

「大切な事は『自分の事は、自分で決める』こと。それが自由というものだ」

と、ジャック・スパロー船長の言葉にもある通り

怒りの感情に支配されてしまうことは
相手の行動に、自分が支配されてしまうことと似てて

自分の人生の支配者が『感情』なのか『自分』なのか、自分に由って生きてゆけているか
私自身も常に意識して精進していきたいです


ただ
「良いこと言ったように見えて、引用がディズニー映画の『パイレーツ・オブ・カリビアン』じゃね〜か(笑)」
と、言ってくる奴が居たら

そいつに対する怒りを制御する自信が、ボクにはないです!!

1は良かったんだよ、1は!!!





YouTubeで合気道 2013春審査会にむけて [武道:牛久・つくば市合気道道場]

3月20日に茗荷谷で審査会があります。
今回の審査会は3回あるんだけど、ボクたちは茗荷谷で受けさせていただきます

審査会と同じ順序で行う稽古もやり始めてて
YouTubeにみんなの姿を載せたので、機会があったら見てください

初出場の木村公希くん
http://youtu.be/5itl2zQDKik

前回めでたく黄帯に合格して、橙帯を目指す狩野瑛理香ちゃん
今思い返すと、何でこの時だけカメラを立てにして撮っちゃったんだろ・・・
見づらかったらごめんなさいm(_ _)m
http://youtu.be/OQG36kX8keM

YouTubeで合気道は初出場。狩野世里香ちゃん
http://youtu.be/SKeUMDHaG2Q

緑帯を目指す二宮渉くん
http://youtu.be/ciKh3pmu09o

みんな、だいぶ覚えてきました
当日に実力を出せるよう、祈ってます。

良い所を褒める [武道:牛久・つくば市合気道道場]

指導に関して、石川館長は
子供たちは楽しんで合気道をやっているかい?どんな事でも良いから、いい所を見つけて褒めてあげてね」
と、アドバイスをしてくれた事があります。

確かに石川館長の指導を見ると「元気な声だ」とか「面白いねー」とか、褒める所を見つけてます

だからボクも「この技は得意なんだねー、よく出来てるよ」とか良い点を探すように心がけて
そして、出来てない所は「違うよ。ここはこうだよ」となおしてあげてます

この指導をして行くと「部分肯定と部分否定」をする視点が身につきます。
その視点は人生を生きてゆくなかで、ボクにとっては役にたってます。

対人面で、何か相手の嫌な事を見つけてしまっても、相手の人格を全否定する事なく部分否定ですみ、長所と合わせて相手を見る事ができるからです

「この人無神経なところあるけど、悪い人ではないし、まあいいか」とか
「この人言い方キッツイけど、仕事は真剣に打ち込んでるし、まあいいか」とか

腹立つ事やられたた時に、相手を全否定しちゃったら見えないものが
この視点から見えるようになりました

さて、子供クラスの生徒たちにこの視点を育むため「良い所を褒める」からはじまり「部分肯定と部分否定」の話をしてみました。
子供だから噛み砕いて、わかりやすくするために、たとえ話を交えてした話が以下の話です。


みんなそろそろ技を教えあって下さい
技は先生だけから教わるんではなくて、みんなで教えあったりもするんだよ

その時にまず気をつけるのは
黒いメガネを外す事です。黒いメガネは相手の悪い所ばかり見えてしまいます。
「これじゃダメだよ」「これ下手だな」って所ばかり見えちゃいます。これを外して下さい

次に、ピンクのメガネをかける事です
ピンクのメガネは相手のいい所ばかりみえるメガネで、いい所を褒めたくなります。
「うん、今のはうまく行ってたよー」とか、相手をまず褒めてあげて下さい

次に、黒いメガネとピンクのメガネを合体させて金色のメガネを作ります
金色のメガネをすると、良い所を褒めたうえで、悪い所をなおしてあげられるようになります。
「今のはうまく行ってたよ、後は足さばきをこうしたら良いね」と言った教え方が出来るようになります。

メガネを変えると、見える世界が変わるので、良いメガネをかけて稽古してくださいね。


さて、何か質問はあるかな?
・・・はい、渉くん



「そのメガネは、どこで売ってるんですか?」



・・・説明って、本当に難しい

審査会 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

ご報告が遅れてしまいましたが、審査会終了しました。
合格した子は予想よりすこし多くてビックリだったんだけど、良い知らせだね。みんなお疲れ様です。

今回も審査を横で見させていただき、勉強させていただきました。今回は山本先生の隣

山本先生は、審査票に「できてなかったところ」だけでなく「良かったところ」もチェックしていて、受かった子にも、落ちてしまった子にもすごく丁寧に熱のこもった指導しながら渡してて、その分時間はかかってしまったけどスゴかったです。

その山本先生との演武は、ボクが失敗して迷惑かけてしまったのをフォローしてもらい、助かったです。

・・・後ろ受け身、うまくいかなかったなぁ(>_<)

で、今回も審査自体は行わなかったのですが、帰り支度してる時に平先生に行っていただいた言葉が心に残ったので記しておきます

「心構えとして一番大事なのは『全員出来てなかったら、全員落とす。』って覚悟。
もちろん、全員合格が一番嬉しいけどね」

いつか、ボクも審査をする立場になった時は、肝に命じておきます。

YouTubeで合気道 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

いよいよ来週に審査もせまり、審査技を通しでやってみた子供たちの動画です。
まずは、ニューフェイス狩野瑛理香さん

http://www.youtube.com/watch?v=hddbgX4-IzE&feature=youtube_gdata_player

途中で切れちゃっているのは、撮影の容量をこえてしまったためです。
あと手ブレで見づらいよね、ごめんなさいデスm(_ _)m

今日も暑い中、頭に冷えピタ貼りがら最後まで稽古しました


次は、前回めでたく黄色帯になりオレンジ帯に初挑戦する、二宮誠くん

http://www.youtube.com/watch?v=eHJZxmXj2hw


白帯時代のクセがぬけず、つい片手をあげてしまう
あとまだまだ一教の順番を覚え切れてない

・・・まあ、教育の評価は他の子と比べる相対評価でしてはならず
「昨日の誠くんに比べてどれだけ成長しているか?」という絶対評価でなければならないし、すこしづつ良くなって行けば良いと思うよ♪


最後は、前回のリベンジを狙いオレンジ帯に挑戦する二宮渉くん

http://www.youtube.com/watch?v=D-YAiBzUhf0&feature=youtube_gdata_player

入り身呼吸投げの入り身の手が低く過ぎるクセと
一教の時にもう少し肩を返すのを意識して欲しい所。

今回、動画では出なかったけど瑛理香さんのお姉さんの世里香さんを加えた4人が審査会に行きます

全員合格が望ましいですが、残念ながら不合格であった場合は
その反省点を意識して、よりステキな稽古ができてゆくと嬉しいです

学園合気道クラブの米田先生 [武道:牛久・つくば市合気道道場]

第2・4月曜日は、谷田部総合体育館で18:00〜19:00ボクたちは稽古してるのだけれども、その後使用するのが学園合気道クラブさんで
そこの米田先生には、お世話になっています。

扇風機があるなんて、米田先生が教えてくれなかったら子供の多いボクたちはこの夏大変だったしね

この前、ボクたちのブログ読んでいただいている事を教えていただいたので、この場でもお礼申し上げますm(_ _)m

米田先生のブログは
http://www.geocities.jp/uraho6/
で見れます。
ボクも全部は読んでいないのだけれど、興味のある人はこちらもヨロシクです

なんか、身内の宣伝みたいになっちゃったか?パート2だね




前の10件 | - 武道:牛久・つくば市合気道道場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。